うつ病の基本的な治療法を3つご紹介します

休養ってどう休めば良いの?

治療法に休養がありますが、実際に休養って言ってもどう休めば良いか判りませんよね?そこで休養の仕方をご紹介します。大事な事はストレスから離れてゆっくり何もしない事です。でもうつ病になる人は真面目で完璧主義な人が多く非常に難しいのが現実です。一番良い方法は布団に入って寝る、横になる方法で意外と効果が高い治療法です。長い時間横になるのは真面目な人にとって苦痛ですが、現実から離れるのも良く漫画や小説など空想の世界に短時間でも逃げるのも良い方法です。

薬物療法で生活を楽に

生活の為に長く休養出来ない患者もおり、薬物療法を他の治療法と併用して行う場合が多いです。薬物療法では抗うつ薬・抗不安薬・抗精神薬などが処方され睡眠障害が認められれば睡眠薬が処方される場合もあります。長期間服用するので少しでも効果が現れると勝手に止めてしまう患者が多く効果が出ても一進一退を繰り返す為に止めないようにします。最初は弱めの薬剤で様子をみて少しずつ量を調節したり体質に合っているかどうか確認します。

精神療法で効果をアップさせる

カウンセリングや対話を通して考え方や性格の傾向などを自分自身で理解し、うつ病へ進行しないようにコントロールする治療法です。再発予防にも効果が認めれており、薬物療法などが軽減された後でも継続して行っていきます。サポート方法として有効な方法で医師と患者・患者の家族が連携して行う療法です。医師も患者の辛い気持ちを受け止める器が必要になり、気持ちを受け止めながらアドバイスをしていきます。他にも芸術療法など音楽や粘土などで癒す療法があります。

うつ病の症状は人によってでかたが違います。一つの例ですが全く見た目はいつもと変わらないのに、ぶつぶつ言い始めることがあります。そううつ病というぐらいなので、そうの時もあり、異様に明るい様子となります。