ふるさと納税にはこんなメリットがあります

自治体の活動を積極的に応援できます

ふるさと納税は、全国の地方自治体に寄付できるシステムです。本来は自分が住んでいる自治体に支払う住民税を、好みの自治体に送れるのです。ふるさと納税を利用する人のなかには生まれ故郷の自治体に寄付する人もいますが、どこの自治体でもかまいません。ふるさと納税の注目すべき点のひとつは、お金の使用目的を指定できるところです。自治体により違いがありますが、福祉のため、教育のため、災害復興のためなどお金の使い道が設定されています。自治体運営の特定の分野を積極的に支援できる機会は貴重です。

寄付した金額に応じて特典があります

自治体により違いがありますが、ふるさと納税を利用して一定額以上を寄付した人には特典が用意されています。特典の内容はさまざまですが、たいていは自治体の特産品になっている食品や工芸品になります。地元の商業施設の招待券や割引券の場合もあります。ふるさと納税は複数の自治体に寄付してもかまわないので、全国各地から特産品を受け取ることもできます。人気の特典は数量に限りがあることもありますし、現金に近い価値を持つ特典は中止になる場合もあります。

ふるさと納税で税金が安くなる

ふるさと納税を行うと、その金額に応じて所得税や住民税の負担が軽くなります。寄付金の証明書を添付して確定申告を行うと、所得税の還付や住民税の控除が行われ、税金負担が軽くなります。具体的な還付や控除の金額は、ふるさと納税をした金額や世帯主の年収、家族構成によって異なります。寄付した金額の一部が還付や控除が行われ、さらに特典も受け取れるので、ふるさと納税は賢く利用するとかなりお得なシステムになっているのです。

ふるさと納税は出身地ではない場所でも納税が可能で、収めた金額に応じて商品がもらえるなどの得点が設けられています。